So-net無料ブログ作成

サイエンスカルチャー:発酵学

本日は宮城大学で開催されたサイエンス&カルチャーセミナーへ。

受講のテーマは「発酵は地球を救う!オールドバイオテクノロジーで健康を!」

 DSC_0223.jpg

先生は以前、薬膳教室でお話を伺った金内先生。

ビューティの講座を受講してから発酵食品と腸内環境の話に興味を持っていました。

発酵食品は私たちの食生活には欠かせないもの。

味噌、醤油、納豆、ヨーグルト。。。

醸造物は不易流行・・元となるところは変わらないが、変化し進化してきたのです。食生活が変化してきても、脈々と受け継がれてきたのです。

データの見方。1日3杯以上みそ汁を飲むと乳がんの危険度が下がる。。。そんなデーターでしたが、味噌汁を1日3杯飲むということは、3食和食で、バランスのいい食生活である。。。

なので、危険度が下がる。

そっか、そういう見方になるんですね。

麹のお話と一緒に、甘酒もいただきました。

甘酒の旬は夏。

江戸時代は暑さにより、疫病がはやり、死亡率が高かったとか。

そのため、飲む点滴=甘酒を飲んでいた。

甘酒はアミノ酸や糖類が体に吸収しやすい形で摂取できるで、飲む点滴と言われるそう。

 

あらためて食生活の大切さ、そして昔からある発酵食品、そしてその効果にさらに興味を持ちました。

 おまけ。

受講の際、資料と一緒にお茶もいただきました。

DSC_0226.jpg

名前を書くところがあるのが、学校っぽい^^;。

夏休みのキャンパスですが、少し学生気分を味わってきました[るんるん]


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。