So-net無料ブログ作成
検索選択

産地訪問2!

 

昨日のつづき。

お昼は農家レストラン。野の風さんへ。

DSC_0176.jpg

旬の野菜のおかずがおいしそう。

写真にはいりきらなかったですが、しょうがご飯とはっと汁がおいしかった!

 

そしてデリシャスファームさんへ。

DSC_0186.jpg

前回、個人で行ったのでブログではカフェの報告でしたが、今回は社長の今野さんのお話を聞くことができました。

 

デリシャストマトは「玉光デリシャス」の糖度7度以上。 

7度以下は「トマト」して販売しているそうです。

残念ながらデリシャストマトのおいしい時期は冬から春にかけて。

気温差、日照時間、乾燥。この時期の気候がトマトの糖度を上げるんです。

もともと、トマトの原産地アンデスの気候ですからね。

なので、今は糖度が高いものは採れないそうです。

8月に播種、10月に定植、そして2月ごろから収穫。収穫まで約半年。

 

ハウスの中を見せていただきました。

DSC_0192.jpg

枯れそう。。。いえいえ。これがおいしいトマトの秘訣。

水は通常のトマトの半分以下で栽培しています。

一方で、このバランスが崩れると、生理障害をおこしてしまう。。。

でもほら。こんなにトマトはつやつや。

DSC_0193.jpg

もちろん、この土づくりにも栽培には重要な要素。完熟堆肥を使っているそうです。

DSC_0187.jpg

試食させていただいたイエローアイコとアイコ。

DSC_0188.jpg

試飲させていただいたデリシャスのトマトジュース。

スーパーなどで売っているものに比べ、トマトの臭みが少なく、さらっと飲めます。

自然な香り。

ジュースだけでなく、ジャムなどの加工品も売られてました。

通販もしていて、遠方からの注文も多くあるそうです。

「デリシャストマト」=甘い、おいしい! インプットされちゃうんですね。

 

おいしい。と一言でいうのは簡単ですが、私たちの手に届くまでの生産者の方のこだわり、そしてご苦労をあらためて知ったのでした。

 

夏風邪をひいてしまいました[たらーっ(汗)]。食欲はあるんです!

何を食べたいか、早く治りたい、と買い物に行くと、なぜか手に取るのはトマト。

生で食べたり、ジュースにしたり。

あとは休養。早く寝て、早く治さなくちゃ[パンチ]

 

今度はデリシャストマトのおいしい時期に行ってみよう[かわいい]

 

 

 


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。